医学教育つれづれ

医学教育に関する論文のPOINTを書き出した備忘録的なブログです。

急性臨床症状の早期発見と迅速に行えるようにするための教育介入に関するBEMEの系統的レビュー。

A BEME systematic review of teaching interventions to equip medical students and residents in early recognition and prompt escalation of acute clinical deteriorations: BEME Guide No. 62
Balakrishnan AshokkaORCID Icon, Chaoyan DongORCID Icon, Lawrence Siu-Chun LawORCID Icon, Sok Ying LiawORCID Icon, Fun Gee ChenORCID Icon & Dujeepa D. SamarasekeraORCID Icon
Published online: 04 Jun 2020
Download citation https://doi.org/10.1080/0142159X.2020.1763286

https://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/0142159X.2020.1763286

 

背景

急性期の悪化に対する現在の教育介入や教育は、急性期のケアの学習を個別のセグメントで扱っているように思われる。看護職ではよく研究されているが、技術的に強化されたチームトレーニングの方法論が流行しているが、「研修医」のための教育手段は不足しているようである。

 

目的

BEMEのシステマティックレビューは、次のように設計されました。
(1) 「研修医」を対象に、急性臨床悪化の早期認識と迅速な対応を教えるための教育的介入に関する既存の発表されたエビデンスを評価する。
(2) エビデンスを総合的に判断し、教育効果を評価する。

 

方法

適用された方法は、記述的、正当化と明確化のためのレビューである。検索されたデータベースは、PubMed、PsycINFO、Science Direct、Scopusで原著研究とグレー文献を検索し、年や言語に制限を設けなかった。抄録レビュー、全文決定、データ抽出は、2人のプライマリーコーダーが行い、3人目のレビュアーが最終的なコンセンサスを得た。

 

結果

905件の重複を除去した後、5592件のタイトルと抄録を選択した。5555件の研究を除外した後、37件のフルテキスト論文がコーディングのために選ばれた。研究の50%以上が米国(12/22件)、ヨーロッパ(英国4/22件、スウェーデン3/22件)、カナダ2件、オーストラリア1件であった。22件の研究が教育的有効性、急性期医療との関連性の最終基準を満たしていた。教育プラットフォームは、ディダクティクスからブレンデッドラーニングアプローチ、少人数グループ教育セッション、シミュレーション、ライブおよび死体組織トレーニング、仮想環境およびin situチームベースのトレーニングまで様々であった。長期(3~6 年まで)の罹患率と死亡率が減少し、財政的にも節約できるというトランスレーショナルアウトカムが 18% (4/22) の研究で報告されている。専門職間研修は41%(9/22件)の研究で報告されている。最近のエビデンスでは、仮想環境とモバイルゲームベースの学習の有効性が実証されている。

・教育介入の効果の評価

修正カークパトリックレベルのアウトカムを適用し、レベル2a以上が含まれていた。

レベル 2a: 自己評価による態度と認識の変化

レベル2b:知識とスキルの変化

レベル3:観察された(指導者・教員)新しい知識、スキル、または急性期のケア属性の適用における実際の変化

レベル4a:組織とシステムの強化によるトランスレーショナル・アウトカム

レベル4b:害の減少、罹患率と死亡率のデータ、生活の質の向上などの患者転帰の改善

データ照合のため、同一研究で複数のレベルの結果が引用されている場合は、その研究で引用された最も高いレベルの効果に基づいて集計した。半数近くの研究(45%のレベル2a~3/22、レベル2b 7/22)では、自信、関与、準備/臨床の自律性、準備、不安の軽減などの自己認識の改善が見られたが、約3分の1の研究(36%のレベル3:8/22)では、指導医または臨床評価者が、応用知識、技能、診断、管理、臨床推論、批判的思考、反射的実践、観察された誤判定の減少などの改善を報告していることが示された。4つの研究(18%)では、合併症、罹患率、死亡率の減少、または心停止の発生率の減少、全体的なコスト削減の改善など、トランスレーショナルな実際の患者利益を伴う最高レベルのアウトカムが示された(レベル4a:Egenberg et al.2017、レベル4b:Mullon et al.2009、Spearpoint et al.2009、Theilen et al.2017)。

 

・提言

医学生:学部 トレーニングの手段が分散している⇨急性期ケアの学習の継続性が限られている プログラム型急性期医療ポートフォリオ。新しい急性期ケアの知識の継続性とレイヤー化を可能にする
研修医:公開されているトレーニングプログラムの数が少ない、練習前のリードタイムが長い。→ 知識、スキル、チーム学習のための練習準備リフレッシュセッション 大きな隙間や誘導期の災難を最小限に抑える


専攻医; BLS/ALS以外の正式な訓練方法が少ない ⇨急性期医療に対応するための個々のコンピテンシーを具体的に重視する システムの柱、意思決定における最初の対応者、結果への影響を最大化し、危害を最小限に抑える

専攻医以上: 急性期医療の専門知識への進行のレベルのばらつき⇨ EPAが指導する急性期医療研修の進行は、学部研修からの連続したものである 具体的な判断と鑑別診断・管理の落とし穴のための指揮命令系統

ステークホルダー

急性期医療研修継続なし⇨ 急性期医療研修の義務化が必要、ポートフォリオに基づいたトレーニングの進行 大きなギャップを最小限に抑え、カリキュラムの時間とリソースの配分を助け、新しい情報の積み重ねを強化することができます。

認知補助トレーニング→すべての急性期医療研修に統合されるべきである より安く、効果的で、再現性があり、リソースが少ない

リソースの制限/課外活動の時間 ⇨バーチャルとウェブベースの学習で教員の時間を短縮課外自習時間 エンゲージメントと教育効果を高めるためには、フィードバックと教員のインプットを重ねる必要があります。

教育への期待と要求が文脈に合わない⇨コンテキストと状況的状況が必要とされる期待にマッチしていた 海外の実務要件、基準、評価を直接輸入することは、研究所の社会文化的ダイナミクスに合わない可能性があります。

 

・研究より

専門用語

フィデリティ対テクノロジー。仮想シミュレーションのばらつき

技術ではなく教育効果によるラベリング

バーチャルシミュレーション:ホットコールド&ホップオンシミュレーション 用語の改訂と標準化は、研究データの正確な合成に役立ちます。

 

方法論

新しい教育介入は、ほとんどがコホートのサンプルです。グループ介入は、完全なコホートの成果(チームトレーニング)に基づいて行われます。ほとんどが低次の教育成果研究です。

 コホート全体の参加者を増やした実験的研究の増加、単なる自己申告による自信、満足度、関与度の向上よりも、学習者と患者の観察可能な結果を伴う、より信頼性の高い研究が必要である。 効果の把握や教育資源の効率的な計画立案に役立つ


グループ化と比較

大多数が無介入と比較

倫理観に配慮した適切な計画が必要

カリキュラムレベルの有望な介入を導入した場合の教育研究の大きな制限事項として残されている

 

分析・統合

介入の期間、時期、量、種類、単一対反復介入における不均一性

データの定量合成を行う際の大きな懸念点 教育課程、教育機関、国によって、この点は大きく異なるようです。

 

カークパトリックレベルと急性期医療の関連性

急性期ケア関連性スコアリングは、急性期ケアの適性に特化した研究を選択するために設計され、適用される必要があります。

急性期のケアトレーニングのための証拠の統合は、より高い急性期のケアの関連性のスコアを持つ高次の教育成果の両方を評価する必要があります。

 

出版物

ポジティブな成果を発表 差がない、あるいはより悪い結果が出た研究の発表を奨励する必要がある。資源の乏しい環境で同じエラーを繰り返すことは、医療教育の資源配分がより多くの割合で無駄になることを意味します。

 

レーニングの順序

アクティブティーチングの前または後の教則

 理想的な順序やジャストインタイムの急性期医療情報の関連性に関する情報が非常に少ない 応用知識と実践準備スキルの定着率を高める

 

個別の認知

レーニングが不足している

現場での認知的意図的な実践に向けた焦点の必要性 グループトレーニングやチームトレーニングは一般的ですが、個人の準備態勢を改善する必要があります。

 

評価可能な急性期ケアの属性

急性期医療の属性を評価する枠組みがない、知識と応用力を測るための急性期ケアEPAとルーブリックの確立の必要性

 

結論

観察可能な行動とトランスレーショナルな実際の患者のアウトカムに焦点を当てた教育の取り組みには大きな改善が見られた。ゲームベースの本格的な学習とバーチャルなマルチユーザー協働環境は、個々の学習者の認知的意図的な実践を強化する可能性がある。プログラム化された急性期ケアポートフォリオを用いた急性期ケア学習の連続性は、将来の約束となりうる。

 

ポイント

・急性期医療の教育と学習は、学部初期の臨床時代からレジデンシーまでの連続性を持ったプログラム的なポートフォリオベースのイニシアチブとして進化する必要がある。

・教育介入の有効性の評価は、システムと患者のアウトカムの長期的な改善を目指すべきである。

・期待されるパフォーマンスは、状況や状況に応じて決定されるべきである。

・ハイテクシミュレーションが効果的なツールであることは証明されているが、シリアスゲームベースのプラットフォームや仮想環境を通じた個々の認知的意図的な実践と認知的な器用さは、将来の約束である可能性がある。