医学教育つれづれ

医学教育に関する論文のPOINTを書き出した備忘録的なブログです。

リフレクション、デブリーフィングとフィードバックの会話のためのガイド

Getting good help: a guide for reflection, debriefing and feedback conversations about in-consultation supervision
Nancy Sturman ORCID Icon, Liz Fitzmaurice , Gerard Ingham ORCID Icon, Cathy Lee & Michelle Sheldrake
Received 27 Sep 2020, Accepted 13 Dec 2020, Published online: 11 Feb 2021
Download citation https://doi.org/10.1080/14739879.2020.1864781

 

https://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/14739879.2020.1864781?af=R

 

研修医の患者の治療に対する監督のタイムリーなインプットは、総合診療研修医の患者の安全を確保する上で重要な役割を果たしている。また、研修医の援助要請に対する監督者の対応は、研修医の学習と専門家としてのアイデンティティ形成にとっても重要である。しかし、総合診療研修におけるコンサルテーション中の監督者との出会いは、研修医、監督者、患者が複数の課題を抱えた複雑な社会空間である。研修医がコンサルテーション中に援助を求めてくることは、監督者にとって多くの課題を提示することで知られています。研修医の観点からは、これらの監督者との交流の間に安全な学習環境を整えることが不可欠である。多くの要因が、特にコンサルテーション中の援助の障壁となったり、その有用性を低下させたりして、結果的に研修生が将来的に援助を求める可能性が低くなる可能性がある。そのため、安全で効果的かつ効率的なコンサルテーションにおいて、研修生と指導者の双方のスキルを向上させることが重要である。研修生と指導者が援助の要請や援助の提供について話し合う時間を作ることで、スキルを向上させ、課題を調整し、結果を向上させる機会を発見できるかもしれない。しかし、ディブリーフィングやリフレクション、効果的なフィードバックのための会話の時間を見つけることは困難であり、研修生が指導者にフィードバックする機会は特に限られていることが知られています。このガイドは、リフレクションを促し、効果的かつ効率的なデブリーフィングと相互フィードバックの会話を構成することを目的としています。また、ガイドの開発の根拠となった証拠を概説する。

 

臨床研修におけるディブリーフィング、リフレクション、フィードバック会話の重要性は、現在の実践と望ましい実践との間のギャップを埋め 、チームのパフォーマンスを向上させる上で広く認められている。監督者が自分の監督について省察したり、フィードバックを求めたりすることで省察的な実践をモデル化しようとする意欲を持つことは、総合診療研修における効果的な監督の核心にあると考えられ、監督者と研修医の「教育的提携」へのコミットメントを研修医に示す可能性が高い。

 

臨床研修におけるフィードバックとリフレクションの最近のレビューでは、推奨事項の根拠となる質の高い証拠はほとんど見出されていないが、現在のコンセンサスとしては、具体的でタイムリーでタスク指向のフィードバックであり、次に何をすべきかのアクションプランを作成することで「フィードフォワード」し、心理的に安全な文脈の中で協調的でインタラクティブな対話を取り入れたフィードバックの方が効果的である可能性が高いということが挙げられているようである。

ディブリーフィングは、最近の出来事について意図的にガイド付きで省察することを含む協調的な省察的実践の一形態であり、自己評価とパフォーマンスに関する直接的なフィードバックの両方を重視しており、シミュレーション訓練で広く利用されています。効果的なディブリーフィングの重要な構成要素には、心理的安全性と感情的反応への注意が含まれる。様々な会話の構造、プロセス、フェーズが説明されているが、一般的には、自己誘導型のディブリーフィングと外部ファシリテート型のディブリーフィングの両方には、説明、分析、要約、応用のフェーズが含まれる。

 

図 1. 研修医のリフレクション、デブリーフィングとフィードバックガイド

f:id:medical-educator:20210223072707j:plain




図2. 監督者のリフレクション、デブリーフィングとフィードバックガイド

f:id:medical-educator:20210223072725j:plain



フルサイズ表示
教育介入

ディブリーフィング、リフレクション、フィードバックガイドは、困難な状況にある研修生との会話を含め、臨床監督について研修生と監督者の間で、正直で支持的な会話ができるように設計されています。一連の質問は、研修医と指導医が一緒に会話をする前に、それぞれの立場で省察できるように用意されている。質問には、研修生が援助を求めた理由、症例提示と問題の定義、提供された援助と監督のスタイル、相談の結果、患者への影響、研修生と監督者の、研修生が将来的に問題を管理することへの自信、学習ニーズ、その後の患者や研修生のフォローアップなどが含まれます。

その後の相互フィードバックの会話は、今後のコンサルテーションの機会を改善するために、誤解、満たされていない課題、予想外の結果、機会を逃したことを確認する機会となります。また、指導者が研修生の援助探しや問題定義のスキルを磨き、その洞察力を評価する機会でもあり、研修生が援助を提供する際の指導者のスキルについてフィードバックを提供する機会でもあります。

 

結論

総合診療研修生の安全で効率的かつ効果的な監督は、すべての研修環境において重要である。単一の解決策を提案するのではなく、「デブリーフィング、リフレクション、フィードバックガイド」は、指導者と研修生のスキルを開発し、課題を調整し、安全な学習環境を確保し、成果を向上させるような研修実践の中でのリフレクションと会話を促進することを目的としています。