医学教育つれづれ

医学教育に関する論文のPOINTを書き出した備忘録的なブログです。

コロナウイルスパンデミック時のシミュレーションを実行するための12のヒント

Twelve Tips for running in-situ simulation during a Coronavirus pandemic
Jennifer Pollard[1], Danielle Jeffreys[2], Donald Irvine[2], Ian Thomas[1]
Institution: 1. NHS Highland, 2. University of Aberdeen
Corresponding Author: Miss Jennifer Pollard (jennifer.pollard2@nhs.scot)
Categories: Students/Trainees, Teachers/Trainers (including Faculty Development), Teaching and Learning, Postgraduate (including Speciality Training), Simulation and Virtual Reality
DOI: https://doi.org/10.15694/mep.2021.000015.1

 

www.mededpublish.org

 


コロナウイルスパンデミックの到来は、大学が閉鎖し、社会的な距離を標準として確保し、新しい教育方法を採用しなければならず、医学教育に大規模な混乱をもたらしました。 アバディーン大学の最終学年の医学生に、現場での病棟シミュレーションを考えました。 ここでは、研修初期の若手医師を対象としたシミュレーションを設計し、実施するためのヒントをお伝えします。 最後に、私たちが学んだことを振り返り、パンデミックが終わった後、このシミュレーション手法を将来の実践にどのように活用していくかを考えます。

このシミュレーションの目的は、COVID-19に照らして学生が直面する可能性のある新たな課題を網羅しながら、研修医1年目への移行を支援することでした。 移行はストレスの多いものであり、特にこの不確実な時期に若手医師がステップアップできるようにサポートしたいと考えていました。

このシミュレーションの学習目標は以下の通りであった。
優先順位付けや意思決定などのノンテクニカルスキルを開発する。
重症患者の管理をシミュレーションし、適切なケアのエスカレーションを行う。
参加者をCOVID-19患者のシミュレーションにさらすことで、認識力を向上させる。

・準備/シミュレーション前のヒント
ヒント1:環境に適応してソーシャルディスタンスを考慮する

シミュレーションの設計ではソーシャルディスタンスを保つことが第一の優先事項でした。 4つのベッドエリアで安全に社会的な距離を保つために、私たちは2つの作業ベッドスペースを互いに斜めに配置するだけにしました。デブリーフィングは、ソーシャルディスタンスを保つために、私たちはフェイスマスクを着用しながらフィードバックを提供することに適応しなければなりませんでした。

ヒント2:模擬ボランティア患者がいないことへの適応

模擬患者の不在を克服するために、経験豊富な外科・医療登録医やコンサルタントに、臨床経験があり、シナリオを効果的に実行できる患者のロールプレイを依頼することで、工夫を凝らさなければならなかった。 その効果は2つあった。 第一に、より上級の研修生は、より年下のチームメンバーに委任して指導する機会を得た。 第二に、研修医は、より年配の医師が経験を積んでいく様子を見ることで、「浸透」した学びを得ることができ、自分たちのパフォーマンスをベンチマークすることができるというメリットがあった。

ヒント3:柔軟性のある教員を持つ

病棟でできる技術が限られているため、教員の使い方にも工夫が必要でした。

私たちの教員は、参加者に任すことに簡単に適応し、この新しい病棟体験は、研修生と教員の両方から積極的に受け入れられました。教員にとってのもう一つの新しい側面は、他の役割を引き受けなければならないことでした。 例えば、補助看護師の役割がありました。 この役割は、様々な役割への関与を高め、体験の忠実性を高めるのに役立ちました。

ヒント4 変化を受け入れる

アドバイスを受けるために電話に出たりする教員は、シナリオの中で参加者がどこにいるのか分からないことに不安を感じていました。 しかし、参加者を介して伝達された情報に反応するだけで、非常に解放感があり、より現実的であることがわかりました。

私たちの教員は、最初は不快に見えるかもしれない変化を受け入れようとする意欲が有益な結果をもたらしたことを実証しました。

ヒント5. パンデミックにおける患者のシナリオ

シミュレーションの主な目的は、学部からFiY1への移行を支援することであったが、医学部では教えていないCOVID-19患者の評価と管理を参加者に体験してもらうことである

シナリオは、現在の医療情勢を反映したものであるだけでなく、急性の病状不良で急速に悪化していく患者を想定したものでもあり、有用なものでした。 ABC評価、ケアのエスカレーション、高齢者への電話連絡、研修生や他の病棟スタッフのための適切な個人用保護具(PPE)の検討に焦点を当てた学習目標を作成することができました。

ヒント6 シーンを設定する

シミュレーションの設計においてもう一つ重要な要素は、参加者に病棟環境をどのように提示するかを考えることでした。 私たちは、現在のパンデミック病院の設定を意図的に使用し、COVID-19のリスクが低いと判断された患者がトリアージされた病院の「グリーンゾーン」内でシナリオを展開しました。 


・シミュレーション中のヒント
ヒント7. リアリズムの維持

現在の医療環境のリアルさは、シミュレーションの最初から参加者と教員が手術用フェイスマスク、手袋、プラスチック製のエプロンなどのPPEを着用することで強化されました。 病棟に入って説明を受ける前に、参加者にPPEを着用してもらうことは、シミュレーションの信頼性を高めるための意図的な戦術であり、また、お互いを守るためのものでもありました。

教員をロールプレイに参加させることで、患者との対話の要素を維持し、参加者がシミュレーションに没頭することができました。
補助看護師の役割は多面的であり、参加者が初期の合図を見逃した場合には、悪化していくCOVID-19の患者に誘導することも可能であった。 


シミュレーション後のヒント
ヒント8:すべてはデブリーフィングの中にある

関連性のある、焦点を絞ったフィードバックは学習を大いに促進するので、修正Pendletonアプローチを用いた。 参加者がストレスから解放されるように、どのように感じたかを尋ねた後、観察結果についてコメントを述べる前に、何がうまくいったと感じたか、うまくいかなかったと感じたかを尋ねた。  教員は、デブリーフィングの最後に行動計画をまとめるなど、他のツールを使ってメッセージを強化することで、それを補っていました。 また、私たち医療従事者にとってどれほど困難であったかを考えると、実際の病棟で患者さんがどのように感じているかを考えることもできました。


ヒント9:忠実性が高いことはハイテクやコストと同じである必要はありません。

テクノロジーを使ってシミュレーションを提供できるからといって、必ずしもそうしなければならないわけではありません。

今回のin-situシミュレーションでは、デザインを基本に戻しました。 シナリオの信憑性を高めるために、NHSハイランド州の白紙の書類をコピーして、シミュレーションされたすべての患者の入院フォルダーのレプリカを作成しました

 

f:id:medical-educator:20210125061839j:plain




ヒント10.フィードバックへの対応

参加者からのフィードバックを奨励することは、シミュレーションの開発段階で重要な要素であり、シミュレーションの実施期間中、改善点の提案は継続的なプロセスとなっています。 参加者は、アンケートを通じて、口頭または匿名の書面によるフィードバックを提供することが奨励されました。


ヒント11. 芸術的な側面を活用する

マネキンではなく実在の人物を使用することで、メイクアップに工夫を凝らすことができ、特にCOVID-19の患者については、シナリオのリアリズムをさらに高めることができました。 部屋の小道具にも細心の注意が払われました

f:id:medical-educator:20210125061923j:plain


ヒント12. 多面的な患者シナリオを作成する

シナリオは、年功序列が高まる医師のために必要とされる様々なカリキュラムをカバーするために簡単に適応させることができます。 COVID-19の患者は、悪化した患者の認識、管理、エスカレーションに関するスキルを開発するだけの機会ではありませんでした。 例えば、 参加者がCOVID-19の診断が疑われることを十分に理解した後、補助看護師は患者に軽食を提供するために入室したが、PPEは着用していなかった。 このことは、参加者が同僚の行動に注意を払い、自信を持って同僚に挑戦することを促すものであった。




メッセージ
柔軟性のある教授陣は、現場でのシミュレーションを再設計するための鍵となります。
高い忠実度はハイテクやコストを意味しない
慎重にスクリプトを書くことで、参加者をシナリオに没入させることができます。
学習成果の報告の重要性を忘れずに
工夫を凝らして臨場感を高めよう