医学教育つれづれ

医学教育に関する論文のPOINTを書き出した備忘録的なブログです。

学術セッションでの居眠りの発生率と危険因子

Incidence of and risk factors for nodding off at scientific sessions
Kenneth Rockwood, David B. Hogan, Christopher J. Patterson, and for The Nodding at Presentations (NAP) Investigators

 

学会セッション中に医師が居眠りの頻度を調査し、居眠りの危険因子を調べるために、非公開の前向きコホート研究を実施しました。 2日間の講義中に前方に落下する頭の数をカウントした後、講義ごとの居眠りのエピソード(NOEL:nodding-off episodes per lecture)の発生密度曲線を計算し、ロジスティック回帰分析を使用してリスク要因を評価しました。この記事では、目を見張るような結果を報告し、スピーカーが視聴者を失うことを回避する方法を提案します。

 

結果
2日間の講義シリーズには約120人が参加しました。多くの人が2日目の終わりまでに去っていたため、分析を調整する必要がありました。講義の質は、面白くて有益なものから、単調で反復的なもの、つめこんだもの、空想的なものまでさまざまでした。

発生密度曲線は、講義あたり3回のうなずきエピソード(NOEL)から出席者100人あたり24 NOEL(100人あたり中央値16 NOEL)の範囲でした

f:id:medical-educator:20191224062019p:plain

危険因子

環境

 薄暗い照明 OR 1.6 (0.8-2.5)

 暖かい部屋 OR 1.4(0.9-1.6)

 心地よい椅子 OR 1.0(0.7-1.3)

視聴

 いまいちなスライド OR 1.8(1.3-2.0)

   マイクに向かって話していない OR 1.7(1.3-2.1)
概日リズム
 早朝 OR1.3(0.9-1.8)
    食後 OR 1.7(0.9-2.3)

スピーカー関連
  単調な説明 OR 6.8(5.4-8.0)
 ツイードジャケット OR 2.1(1.7-3.0)
   レクチャーでの見失い OR 2.0(1.5-2.6)

 

居眠りした人とのインタビューは、彼らが一人ではないことを知って安心していることを明らかにしました。ほとんどの人は退屈な講義に参加する意欲はありませんでしたが、支出、CMEクレジット、罪悪感、または強迫観念の影響を受けた場合、行く傾向がありました。1人を除いて全員が安心して眠りにつくのは自分のせいではなく、話者のせいであることに気付きました。

 

本質的につまらない話(あいまいな話題、データがほとんどない、分析がないなど)が予想外に低いNOEL率を持っていることを観察することに興味がありました。これは、プレゼンテーションの奇妙さによるものです。スライドをチェックするためにさまよい、マイクを落とす、またはただ単に間違ったなどの要因は、聴衆には戸惑いながらも、医師の覚醒状態を維持するのに役立ちました。講演が行われました。